サボテンの水不足で起こる症状は? 正しい水やりのための5か条

サボテンを育てる際には、水不足についても知っておきましょう。サボテンは育てやすいというイメージがあると思います。ガーデニング初心者でも失敗なく育てられると思っている人は多いでしょう。しかし、実際には栽培に失敗する人も少なくないのです。その理由は、サボテンの正しい育て方を知らないためでしょう。特に水やりについては、きちんと理解せずに育てている人がたくさんいます。

この記事では、サボテンの水やり方法や水不足によって起こる症状などを詳しくご紹介しましょう。

  1. サボテンの基礎知識
  2. サボテンの水やりについて
  3. サボテンが水不足になるとどうなるのか?
  4. サボテンを水不足にしないために
  5. サボテンの水不足に関するよくある質問

この記事を読むことで、水不足がサボテンに与える影響や正しい水やりの方法などが分かります。ぜひ参考にして、元気なサボテンを育ててください。

1.サボテンの基礎知識

まずは、サボテンという植物について詳しくご紹介します。

1-1.サボテンとは?

サボテンはサボテン科に属する常緑性の多年草で、原産地は南北アメリカ・ガラパゴス諸島などです。湿度が低い乾燥地帯に多く生息しており、日本には16世紀後半に伝わったと言われています。サボテンは種類が多様で、その形態もさまざまです。すべての種に「刺座(しざ)」と呼ばれる器官があり、トゲが密生しています。鮮やかな花が咲くものや食用の実を付けるものも存在しており、独特の形状からインテリアとして部屋に飾られることも多いのが特徴です。

1-2.魅力

サボテンは同じ種類でも一つ一つが個性的でユニークな形状をしています。そのかわいらしい姿に癒(い)やしを感じるため、インテリアとして飾って楽しんでいる人も多いでしょう。サボテンの種類は非常に豊富で、好みのものを選べるのも魅力一つです。また、ほかの観葉植物と比べて手間がかからず育てやすいという特徴もあります。

1-3.人気の現状

最近は100円ショップでもサボテンを購入できるようになり、より身近なアイテムとして人気が上昇中です。風水においても悪い気をはねのける作用があるとして注目を集めています。さらに、ここ数年は土を使わない水耕栽培の人気も高まっており、水耕栽培でも育てられるサボテンは、栽培用としてもよく選ばれているのです。


他では買えない一点もののサボテンを販売