サボテンの変色・色あせの原因は何? 放っておくとどうなるの?

お世話が簡単で種類が豊富なサボテンは、観葉植物としてだけでなくインテリアとしても人気があります。値段も手ごろなので、育てている方も多いことでしょう。放っておいても枯れにくいイメージがあるサボテンですが、お世話の仕方が悪いと変色や色あせといったトラブルが発生することもあります。

そこで、今回はサボテンが変色する原因や対処方法をご紹介しましょう。

  1. サボテンとはどのような植物?
  2. サボテンが変色する原因は?
  3. サボテンが変色した場合の対処方法
  4. サボテンを上手に育てるコツ
  5. サボテンに関するよくある質問

この記事を読めば、サボテンの正しい育て方も分かりますよ。これからサボテンを育ててみたいというかたも、ぜひ読んでみてくださいね。

1.サボテンとはどのような植物?

サボテンは、南北アメリカ大陸を原産とする多肉植物の一種です。サボテンといえば鋭いとげが特徴ですが、種類によってはとげが全くないものもあります。厳しい環境下でも育つ生命力の強い植物であり、生育に水をあまり必要としないことから、育てやすい植物として人気です。日本では、小さいサイズのサボテンがインテリアや観葉植物として園芸店や雑貨店などにたくさん売られています。


他では買えない一点もののサボテンを販売