サボテンが枯れる原因と対処法は? 再生可能な場合もある!

サボテンが枯れる原因を知っていますか? ガーデニング初心者にも人気が高いサボテンですが「枯らしてしまった」という話を耳にすることもあるでしょう。栽培が簡単なサボテンを枯らしてしまうとは、よほど植物栽培に向いていない人なのでは? と思ったこともあるはずです。しかし、実はサボテンが枯れることは珍しいことではありません。また、枯れてしまっても再生可能な場合があるのです。

この記事では、サボテンが枯れる原因や枯らさない育て方などをまとめてご紹介しましょう。

  1. サボテンの基礎知識
  2. サボテンは枯れるのか?
  3. サボテンが枯れる原因
  4. サボテンが枯れたときの対応策
  5. サボテンを枯らさない育て方とは?
  6. サボテンの育て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、サボテンの正しい育て方が分かるはずです。枯らしてしまうことがないよう、元気に育ててあげてください。

1.サボテンの基礎知識

まずは、サボテンについてご紹介します。

1-1.サボテンとは?

サボテンとは、サボテン科に属する植物の総称です。南北アメリカ大陸が原産地で、トゲに「刺座(しざ)」と呼ばれる白い綿毛のようなものがあるのが特徴になります。非常に生命力が強く、厳しい状況でも生育できる植物であるため、砂漠地帯にも自生しているのです。約10000もの種類があり、それぞれその姿や性質には違いがあります。

1-2.魅力

まず、そのかわいらしい姿に癒(い)やされるという人も多いでしょう。ユニークな形をしたサボテンにはそれぞれ表情があり、インテリアとしても楽しまれています。サボテンが咲かせる美しい花に魅了されるファンも多いのです。また、育てやすさも魅力の一つでしょう。生命力が強い分、ほかの観葉植物よりも手間がかかりません。

1-3.人気の現状

最近はインテリアとしてサボテンを育てる人が増えてきています。100円ショップでも購入できるため、手軽に手に入れることができるのです。また、その育てやすさから、ガーデニングを始めようとする人がまずサボテンの栽培を検討するケースも珍しくないでしょう。


他では買えない一点もののサボテンを販売