多肉植物は挿し芽で増やすことが可能!? その方法や注意点を解説します。

プックリとした厚手の葉が特徴的な多肉植物は、お世話が簡単な観葉植物として人気です。種類も多いので、いろいろな多肉植物を寄せ植えして楽しむこともでき、美しいインテリアにもなるでしょう。多肉植物が成長すれば、挿し芽を行って増やすこともできます。

そこで、今回は多肉植物の挿し芽をする方法について解説しましょう。

  1. 挿し芽って何?
  2. 多肉植物の挿し芽を行う方法
  3. 挿し芽を行う場合の注意点
  4. 多肉植物の挿し芽に対するよくある質問

この記事を読むことで、多肉植物を上手に育てるコツも分かりますよ。多肉植物を増やしたい方や上手に栽培する方法を知りたいという方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.挿し芽って何?

挿し芽とは植物の増やし方の一つで、葉がついた茎を地面に挿して発根させる方法です。植物の増やし方としてはポピュラーなもので、樹木で行う場合は挿し木、草花で行う場合は挿し芽(挿し穂)と呼ばれています。
挿し芽は種からの育成が難しい植物を増やしたい場合や、親株と全く同じ子株を増やしたい場合に行うのがおすすめです。

挿し芽はいろいろな種類の草花で行うことができますが、生命力が強い植物ほど成功しやすいでしょう。多肉植物の他、菊・カーネーション・マリーゴールド・ハーブ類が挿し芽で増やしやすい植物として有名です。

なお、多肉植物は挿し芽の他、葉を土に直接置いて発根させる「葉挿し」や根をほぐして2つに分ける「株分け」という方法でも増やすことができます。


他では買えない一点もののサボテンを販売