サボテンは観賞植物として人気! 害虫対策や殺虫剤など栽培のヒント

植物の中でもサボテンは育てやすく、観賞用としても楽しめるとあり、大変人気があります。サボテンを育てる過程で注意したいのは、害虫の発生や虫除けについてです。育てやすい植物であるとはいえ、害虫が発生してしまってからでは対処が難しい場合もあります。
「サボテンにつく害虫はどんなものがある?」「害虫が発生した際の対処法が知りたい」など、栽培における疑問は自然と生じることでしょう。殺虫剤で簡単に駆除できる害虫もいれば、1つずつ取り除く必要があるものまで、害虫にはさまざまな種類があるものです。サボテン栽培を楽しみたい方は、害虫への対処法や予防法などを知っておき、虫食い被害などに遭わないようにしましょう。
今回は、サボテンに寄生する害虫や駆除についてご紹介します。

  1. サボテンの害虫について
  2. サボテンの害虫への対処法
  3. サボテンの害虫への予防法や対策
  4. サボテンの害虫に関するよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、サボテンの害虫に関する知識を深めることができ、サボテンをいつまでも良好な状態で育てることができるようになるでしょう。植物の栽培は害虫への対処法と予防法を知ることが重要です。サボテン栽培をしている方はご一読ください。

1.サボテンの害虫について

サボテンは、植物栽培初心者でも育てやすいものです。しかし、害虫は知らぬ間に発生しやすいため、知識は持っておくべきでしょう。

1-1.サボテンは虫に弱い?

サボテンは虫がつきやすい植物です。一見、虫とは分かりにくいものもあり、見逃してしまうケースもあります。こまめにチェックをし、日ごろから管理をしておくことが被害拡大を防ぐために重要です。

1-2.サボテンに寄生する主な害虫

植物の害虫図鑑などでも紹介されることが多いものは、最低限覚えておきましょう。

1-2-1.カイガラムシ

2〜3mmと小さく、円い形状をしているのが、カイガラムシの特徴です。サボテンが白くなるため、取り除いても表面の色素が損なわれてしまうことがあります。放置した場合、サボテン全体を覆うように広がってしまうことがあるものです。

1-2-2.コナカイガラムシ

コナカイガラムシは群れで寄生することもありますが、1匹だけ寄生することもあります。横筋状の形をしており、寄生した周囲が白く糸を引いたようになる被害が起こるのです。

1-2-3.ハダニ

室内栽培をしている場合、湿気がこもりやすくなり、ハダニが寄生するリスクも上がります。ハダニは0.3〜0.5mmと小さく、見逃しやすい虫です。短期間で数が増えやすいのも特徴でしょう。

1-3.室内と屋外について

室内は通気がわるくなりがちで、湿気を好む害虫が寄生しやすいものです。屋外は土中に虫が寄生し、越冬する種類もいます。室内・屋外を問わず、害虫は発生すると考えなければなりません。

1-4.サボテンの害虫はどうやって見つける? 発生場所は?

害虫が発生しやすいのは、棘(とげ)の間や葉です。普段から観察するように意識し、色の変化や異物の付着はチェックしましょう。異変があったらすぐに対処するようにし、被害が拡大する前に虫除けなどを行うようにしてください。

1-5.サボテンが害虫被害に遭うとどうなるのか?

害虫被害がわずかな場合は、取り除いて難を逃れることができるでしょう。しかし、被害が拡大した場合は、葉が光合成できなくなり、枯れてしまう危険性もあります。成長が著しく抑制されることもあるものです。


他では買えない一点もののサボテンを販売