多肉植物の遮光方法について知りたい。どのような道具で行えばいいの?

多肉植物とは、肉厚の葉が特徴の植物です。種類も豊富で世話が簡単なことから、インテリアの一種としても人気があります。しかし、夏になると多肉植物の葉焼けや葉の腐敗に悩まされる方も多いのです。植物にとって日光はなくてはならないものですが、強すぎる直射日光は、かえって植物を傷めてしまいます。

そこで、今回は多肉植物の遮光方法を解説しましょう。

  1. 多肉植物の特徴
  2. 多肉植物と日光
  3. 多肉植物の遮光対策
  4. 多肉植物の遮光に対するよくある質問

この記事を読めば、多肉植物を上手に夏越しさせるヒントがつかめるかもしれません。多肉植物を育てている方や、多肉植物の購入を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.多肉植物の特徴

多肉植物は、葉や根に水をためておく機能を持った植物の総称です。サボテンも多肉植物の一種で、トゲのある多肉植物をサボテン、トゲのないものを多肉植物と呼んでいます。
多肉植物は海岸や砂漠地帯など厳しい環境に自生しているので、生命力が強く育てやすいのが特徴です。また、毎日水をあげる必要もないので、オフィスや店舗のインテリアとして利用しているところも多いことでしょう。
多肉植物の基本的な育て方は、土が乾ききったら水をあげればよいのです。成長したら植え替えをしましょう。


他では買えない一点もののサボテンを販売