多肉植物を徒長させない方法を知りたい! 原因と共に解説します。

多肉植物とは、ぷっくりとした肉厚の葉が特徴の植物のことです。葉の種類が多種多様でかわいらしく、世話も簡単なことからグリーンインテリアとして人気があります。多肉植物を育てていると、「徒長(とちょう)」という現象に悩まされる方も珍しくありません。徒長とは、多肉植物の茎がヒョロヒョロと伸びたり、葉がスカスカになってしまうことです。

そこで、今回は多肉植物が徒長してしまう原因や徒長をさせない対策を解説しましょう。

  1. 徒長って何?
  2. 多肉植物の徒長について
  3. 徒長してしまった場合の対策
  4. 多肉植物の徒長に対するよくある質問

この記事を読めば、徒長対策はバッチリです。多肉植物の徒長に悩まされている方や、これから多肉植物を育ててみたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.徒長って何?

徒長(とちょう)とは、植物の茎が細く間延びした状態のことです。日陰に生えている植物が、ヒョロヒョロと茎ばかり伸びている状態になっていることを見たことがあるという方もいるでしょう。
徒長の原因は主に日照不足です。日照不足になると植物は何とか日光を浴びようと茎を伸ばします。すると、植物は虚弱化して病気にかかりやすくなったり害虫にも弱くなったりするのです。


他では買えない一点もののサボテンを販売