サボテンは花も楽しめる観葉植物! 室内での育て方はどうすべきか?

室内で観葉植物を育てる方はたくさんいます。中でも、育てやすいと人気があるのはサボテンです。サボテンはさほど手がかからず、初心者でも栽培が始めやすいことも、人気の背景にあります。どんな植物でも育て方のポイントやコツを抑えておくと失敗するリスクを軽減できるものです。
サボテンの育て方は、室内や地植えなどがありますが、土や肥料にかんする知識も必要になります。基本的な育て方をマスターし、サボテンを上手に育ててみましょう。
今回は、室内でサボテンを育てるときのポイントについて、ご紹介します。

  1. サボテンの基礎知識
  2. サボテンの育て方について
  3. 室内でサボテンを育てるときのポイント
  4. サボテンの育て方でよくある質問
  5. まとめ

サボテンは、花も楽しむことができる観葉植物です。サボテンにもたくさんの種類がありますから、自分に合うものを見つけ、サボテン栽培を存分に楽しんでみてください。

1.サボテンの基礎知識

サボテンとはどのような植物なのか、人気の品種などをご紹介します。

1-1.どんな植物か?

サボテンは、アフリカ大陸を中心とした乾燥地帯が原産です。しかし、まれに、熱帯地域や冷帯地域で育つ品種もあります。サボテン科に属する植物で、豊富な品種で花も楽しむことができるでしょう。

1-2.特徴と魅力

サボテンはほかの植物に比べ、水やりの手間がかからず、育てやすいのが特徴です。トゲやコロンとした見た目の可愛(かわい)らしさも魅力で、観賞用やオブジェとしても室内でアクセントになります。

1-3.人気の品種

サボテンの中で人気がある品種は、シャコバサボテン・ウチワサボテン・クジャクサボテン・カニサボテンなどです。種類によって見た目もずいぶん異なるため、複数を同時に育てる方もいます。それぞれ印象が違うサボテンを並べて育てるのも、楽しみの1つといえるでしょう。


他では買えない一点もののサボテンを販売