多肉植物の徒長は仕立て直しで解決! 挿し木のコツややり方をご紹介

多肉植物はインテリアとしても可愛(かわい)らしく、手入れもとても簡単です。手軽に育てられる反面、悩ましい問題が徒長という、ヒョロヒョロと茎が成長してしまうことでしょう。見た目も悪くなり、葉も弱くなってしまいます。
多肉植物を育てるためには、徒長への対処法と仕立て直しについて理解しておかなければなりません。仕立て直しと聞くと難しく考えてしまうでしょう。しかし、コツを覚えておくだけできれいに仕上がり、再び多肉植物の成長を楽しむことができます。徒長に悩んでいる方は、仕立て直しのポイントや注意点などを覚えておいてください。
今回は、多肉植物の仕立て直しや徒長について解説します。

  1. 多肉植物の仕立て直しについて
  2. 多肉植物の仕立て直し方法について
  3. 多肉植物の相談・購入について
  4. 多肉植物の徒長や仕立て直しでよくある質問
  5. まとめ

多肉植物は上手に育てれば長く楽しむことができ、増やすことも可能です。この記事を読むことで、仕立て直しのヒントが得られ、多肉植物のお手入れをより楽しむことができるでしょう。

1.多肉植物の仕立て直しについて

まず、多肉植物の特徴や、仕立て直しとはどのようなものかをご紹介します。

1-1.多肉植物について・特徴など

多肉植物は、葉に水分を含み、プクッとした見た目が特徴の植物です。土作りや肥料などの手間があまりかからず、園芸初心者でも育てやすいとされています。種類も豊富で、七福神(エケベリア)・セダム(オーロラ)・白雪姫・クラッスラ・クレアなど、それぞれ表情が異なるのも特徴です。

1-2.仕立て直しとはどんなことか?

仕立て直しとは、伸びた部分を剪定(せんてい)する作業です。見栄えがよくなり、整った状態にすることができます。多肉植物は大部分をカットしても、非常に生命力が強いため、成長に支障をきたすことはありません。

1-3.なぜ仕立て直しをするのか・重要性

仕立て直しをしない場合、多肉植物はヒョロヒョロと成長してしまい、茎が伸びて、葉の間にすき間ができます。徒長という現象で、日照不足が関連して起こるものです。日光を求めて茎が伸び、葉の成長が追いつかない状態になります。そのため、見た目が悪くなり、多肉植物を観賞用として十分楽しむことができなくなるのです。仕立て直しをすれば、形も整ってきれいになり、鉢からあふれるように伸びることもなくなるでしょう。

1-4.放置するとどうなるのか?

徒長を放置した場合、茎ばかりが伸び、鉢から間延びしたような見栄えになります。見た目だけに限らず、害虫の発生リスクも上がり、病気に弱い状態になるでしょう。弊害も多いため、仕立て直しが重要なのです。


他では買えない一点もののサボテンを販売