自治体では回収していないガーデニングの土を安全に処分する方法

ガーデニングを趣味にしていて、土の処分に困っている方はいないでしょうか。土は、植物を長い間育て続けていると、徐々に栄養がなくなり、不純物が増えてきます。最終的にはガーデニングには使えなくなってしまうので、捨てるしかなくなってしまうのです。土を安全に処分するには、どのようなことに気をつけたらいいでしょうか。

  1. ガーデニングの土を処分する方法
  2. ガーデニングの土を再利用する方法
  3. 大量の土を安全に処分する方法

1.ガーデニングの土を処分する方法

まずは、ほんの少量の土を処分する方法をご紹介します。量としては、ちょうどプランターひとつ分くらいの土をイメージしてください。量が少なければ、簡単に処分する方法は案外多いものです。

1-1.庭にまいてしまう

一軒家に住んでいる方は、使用済みの土をそのまま自宅の敷地内、庭などにまいてしまうのがいいでしょう。自分が所有する土地なのですから、誰からも文句を言われる心配はありません。もともと土があるところにさらに土を加えるだけなので、環境が汚染されることもないでしょう。

ただし、この方法がとれるのはもともと庭のある家に住んでいる方だけです。この記事を見てくれた方の中にも「そもそも庭がないから処分に困っているのに」という方が多いことと思います。マンションやアパートなどで、ベランダを利用してガーデニングを行っているような方にとって、現実的に利用できる選択肢とはいえないでしょう。

1-2.公園に捨てる

意外に思うかもしれませんが、自治体などに土の処分方法を相談すると「公園の植え込みに捨ててください」といわれることが少なくありません。なので、公園に捨てる方法も有力な選択肢だといえます。

なぜ自治体が土を公園に捨てることを推奨しているのでしょうか。その理由は、自治体が運営・管理している公園であれば、手入れの際にまとめて片付けてしまうことができるからです。不法投棄しているわけではないので、法的な問題も起こりません。

しかし、公園に捨てることができるのは、あくまで管理者の許可をもらった場合に限られます。許可をもらわずに土を捨てていることが発覚すると、本当に不法投棄していると見なされてしまうこともあるでしょう。事前の確認を欠かさないようにしてください。

1-3.捨てることができる土を購入する

市販されているガーデニング用の土には、ゴミとして捨てることが可能な種類もあります。植物由来の原料や有機肥料だけで作られているため、燃えるゴミに出すことができる土です。いわば、生ごみと同じような感覚で処分することができます。

とはいえ、見た目はあくまでも土なので、処分するときのやり方には注意が必要です。「燃えるゴミとして処分できる土」であることを、回収作業者にわかりやすい形で明示しておく必要があるでしょう。土を入れた袋に大きな文字で書いておくなど、工夫してみてください。


他では買えない一点もののサボテンを販売