【必読】サボテンを室内で育てたい人! 育て方のコツを詳しく解説!

サボテンは、インテリアとしても人気の高い多肉植物です。室内でも気軽に育てられることでも、若い人を中心に注目を集めています。しかし、うまく育てるためにはさまざまなコツがあるものです。せっかく育てるのなら、枯らさずに長く楽しみたいことでしょう。そこで、今回は、サボテンを室内で育てたい人のために、育て方のコツなどを詳しく解説します。

  1. サボテンの基礎知識を学ぼう
  2. サボテンを室内で育てるには?
  3. サボテンを室内で育てるコツと注意点
  4. ​サボテンを室内で育てることに関するよくある質問

この記事を読むことで、サボテンを室内で育てるために必要な知識が身につき、育て方のコツがわかってうまく育てることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.サボテンの基礎知識を学ぼう

最初に、サボテンの基礎知識としてどんな植物かをはじめ、特徴や魅力・人気の高い品種には何があるかなどを解説します。

1-1.サボテンとはどんな植物?

サボテンの原産地は、多くの種類が南北アメリカ大陸と周辺の島で、一部はアフリカ大陸やインド洋周辺にも広がっています。日本に入ってきたのは16世紀後半であり、樹液を石けんとして使っていたことがサボテンの語源である説が有力です。サボテンは、非常に多くの種類があり、オプンティア属・ケレウス属など、多くの属や類・科に分けることができます。一般的に温暖で乾燥した地域に生息するイメージが強いものの、寒冷地での生息も可能です。

1-2.サボテンの特徴と魅力について

サボテンの魅力は、数多くあります。

  • 外観の多種多様さ
  • 花の美しさ
  • 室内でも育てやすい

特に、最近では室内栽培を望む人にサボテンを選ぶ人が増えています。

1-3.特に人気の高い品種

サボテンの中でも、特に人気の高い品種には以下のようなものがあります。

  • ウチワサボテン
  • シャコバサボテン
  • クジャクサボテン

他では買えない一点もののサボテンを販売