サボテンは鉢植えで育てよう! そのメリットと栽培方法を解説!!

サボテンはさまざまな種類があり、幅広い世代に人気の観葉植物です。園芸店だけでなく、インテリアショップなどでもオシャレな鉢に入ったサボテンが売られています。サボテンはお世話がほとんど必要ないというイメージがありますが、全くお世話をしなくても大丈夫、というわけではありません。適切なお世話をしてあげれば、サボテンはゆっくりですが大きく成長します。
そこで、今回はサボテンを鉢植えで育てる方法を解説しましょう。

  1. サボテンの特徴
  2. サボテンが人気の理由
  3. サボテンを植木鉢で育ててみよう
  4. サボテンの花を咲かす方法
  5. サボテンに関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、サボテンを上手に育てるコツもよく分かります。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.サボテンの特徴

サボテンは多肉植物の一種で、南北アメリカの砂漠地帯が原産です。現在は5,000~7,000種ほどの種類があると言われており、そのほとんどがトゲを持ちます。ちなみに、サボテンは多肉植物の一種です。多肉植物が葉っぱに水を蓄えているのに対し、サボテンは茎の中に水をたっぷりと蓄え、葉の代わりにトゲがあります。砂漠という厳しい気候条件の元で生き抜くために、このような形に進化しました。そのため、乾燥して栄養があまりない土でも育つことができ、環境の変化にも強いのです。


他では買えない一点もののサボテンを販売