あなたの多肉植物を元気に育てるための手入れポイント 4選

多肉植物「手間をかけずに育てることが出来るかわいい植物」
それが多肉植物です。
あなたも多肉植物を育ててみたいと思っていますか?
多肉植物はもともと水の少ない暑いところに生息している植物で、葉の中に水を溜める性質があります。
そのためこまめに水やりをする必要が無く、忙しい人でも手軽に育てることが出来るのです。
しかし、多肉植物は全く手入れをしなくても良いわけではありません。
多肉植物には多肉植物のための手入れ方法があるのです。
かわいい多肉植物を元気に育てる方法を知りたいと思いませんか?
そこで本日は、多肉植物の手入れポイントを4つご紹介します。
お部屋のインテリアに多肉植物が欲しいと思っている方は是非参考にしてみてください。

その1:湿気の少ない場所で育てる

多肉植物は「暑くて乾燥した場所」に生息する植物です。
しかし日本の夏は「暑くて湿度が高い」のが特徴ですよね。
これは多肉植物にとって厳しい環境になるのです。
湿度の多い梅雨時は風通しの良い乾燥した環境を作ってあげましょう。
水をあげすぎないように注意してください。

その2:明るいところに置く

多肉植物は太陽の光が大好きな植物です。
明るい窓際に置いてあげましょう。
時々ベランダやテラスに出して光と風を当ててあげると元気に育ちますよ。
良く日光に当たっている多肉植物は秋になるときれいな紅葉を見せてくれることも。
とはいえ直射日光に当たり過ぎると葉が日焼けしてしまうので注意してくださいね。

その3:水をやりすぎない

多肉植物のぷにぷにした葉には水分がたくさん蓄えられています。
水の少ない砂漠で生きていくためにこの性質は欠かせません。
ですから水やりを頻繁に行なう必要はありません。
水をやりすぎると多肉植物は根腐りを起こして枯れてしまいますので注意しましょう。

水やりのペースは、

  • 春→1週間に1回
  • 夏→1か月に1回
  • 秋→1週間から10日に1回
  • 冬→1週間から10日に1回

が目安です。
しっかり乾燥させてから水をたっぷり上げてください。

その4:霜に当たらないようにする

多肉植物は寒さにあまり強くありません。
特に霜に弱く、当たると死んでしまうこともあります。
ですから、冬の時期に多肉植物を屋外に出したままにするのは絶対にやめましょう。
冬の時期は屋内の日当たりの良い乾燥した場所に置いてあげてください。

いかがでしたか?
この記事では多肉植物の手入れポイントを4つご紹介しました。

  • その1:湿気の少ない場所で育てる
  • その2:明るいところに置く 
  • その3:水をやりすぎない
  • その4:霜に当たらないようにする

多肉植物を育てる時にはこれらのポイントに注意して手入れをしてください。
これらのポイントを押さえて元気な多肉植物を育ててくださいね。


他では買えない一点もののサボテンを販売