多肉植物の最適な植え替え時期は? 2つの注意点

「部屋のインテリアに植物が欲しい」
「簡単に育てることが出来る植物が欲しい」
こんな理由で多肉植物を買い求める方が多いようですね。
多肉植物は手入れが簡単で面白い形をしているため、多くの人に人気があります。
多肉植物は手入れが簡単な植物ですが、世話をしなくても元気に育つというわけではありません。
ある程度の時期が来たら植え替えが必要になることもあります。
そこで本日は、多肉植物の植え替え時期と注意点を幾つかご紹介しましょう。
あなたの多肉植物を元気に育てるために是非お役立てください。

多肉植物を植え替える最適な時期とは?

多肉植物の植え替えを頻繁に行なう必要はありません。
しかし、多肉植物を植えてから2年以上経過している場合には植え替えが必要になることがあります。
また複数の多肉植物を同じ鉢で育てたい場合も植え替えが必要です。
多肉植物には成長期と休眠期があります。
その休眠期の少し前が最適な植え替え時期です。

  • 夏に成長し冬に休むもの→3月から5月頃
  • 冬に成長し夏に休むもの→9月から10月頃

これが大よその最適な植え替え時期です。
植え替えをする前に、お手持ちの多肉植物の成長期と休眠期について確認してください。

多肉植物を植え替える時の注意点とは?

多肉植物は丈夫な植物ですが、植え替える時には幾つか注意点があります。

注意点その1:湿気の多い時期・暑い時期・寒い時期を避ける

多肉植物を植え替える時には、梅雨時・真夏・真冬を避けてください。
多肉植物に負担を掛けることになり、大切にしている植物を枯らしてしまう原因にもなりかねません。
気候が比較的安定し、乾燥している時期に植え替えましょう。
お住まいの地域の気候に合わせて行なってください。

注意点その2:植え替え前は水やりを控える

多肉植物は水やりがあまり必要ではない植物です。
比較的乾燥した状態でも元気に育ちます。
多肉植物を植え替える場合も乾燥した状態で行ないましょう。
植え替える1週間くらい前から水やりを控えて土をしっかり乾燥させてください。
植え替え後も1週間くらい水やりを控えましょう。
植え替え後の水やりは1週間から10日が目安です。
水をあげるときは根元に注ぎ込むようにしてたっぷりあげてください。

いかがでしたか?
この記事では多肉植物の最適な植え替え時期とその注意点をご紹介しました。 
多肉植物を植え替える最適な時期は休眠期の少し前です。
植え替えをする前に、お手持ちの多肉植物の成長期と休眠期について確認しておきましょう。
多肉植物を植え替える時には2つのことに注意してください。

  • 注意点その1:湿気の多い時期・暑い時期・寒い時期を避ける
  • 注意点その2:植え替え前は水やりを控える

あなたの多肉植物を元気に育てるために是非これらのポイントをお役立てください。


他では買えない一点もののサボテンを販売