サボテンは話しかけると良く育つ? そんな疑問に答える3つの可能性

あなたもきっとサボテンを大切に育てていらっしゃることでしょう。
「いい子だね」「元気?」「キレイな花が咲くといいね」
話しかけながら育てていませんか?
サボテンは話しかけると良く育つと言われています。あなたも、「毎日話しかけていたらサボテンが花を咲かせた」とか「サボテンに話しかけていたら自分の方に向かって伸び始めた」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか?
「大切に育てているサボテンが自分の言葉を聞いてくれているかもしれない」と思うとなんだか嬉しくなりますよね。
とはいえ、なぜ「サボテンは話しかけると良く育つ」と言われるのでしょうか?その理由を知りたくありませんか?
そこで本日は、「サボテンは話しかけるとよく育つ」と言われる3つの理由についてご紹介致しましょう。サボテンを楽しく育てるための参考にしてみてください。

その1:空気の振動が影響を与えている

言葉というのは空気の振動で伝わるものです。人間の耳も空気の振動によって音を感知しそれを脳内で言葉に変換しているのは誰もが知っていることですよね。
サボテンに話しかけると、サボテンに空気の振動が伝わります。その振動がサボテンに何らかの影響を与えてサボテンが良く育つ可能性があると言われています。

その2:声をかける側の人間に感情の変化が起きる

大切にしているサボテンに毎日話しかけると愛着が湧きませんか?
なんとなく、サボテンが自分の話を聞いてくれているように感じて愛おしくなるかもしれません。そうなると、

  • サボテンに合った環境を整えてあげたい
  • しっかり栄養をあげたい

と思いこまめに世話をするのではないでしょうか?
こまめに世話をされたサボテンは元気に育ちます。「サボテンは話しかけると良く育つ」と言われる理由には、育てる側の感情が関係しているのかもしれませんね。

その3:「接触形態形成」の影響

植物には接触形態形成と呼ばれる層があります。この部分に触れ続けると、植物がその部分を「異常がある部分」と認識し成長する養分を押さえて花を咲かすことがあるのです。
あなたは毎日サボテンを触りながら話しかけていますか?もしそうなら、サボテンの接触形態形成層が刺激されて花を咲かせることがあるかもしれませんよ。

いかがでしたか?

この記事では「サボテンは話しかけるとよく育つ」と言われる3つの理由をご紹介致しました。

  • その1:空気の振動が影響を与えている
  • その2:声をかける側の人間に感情の変化が起きる
  • その3:「接触形態形成層」への影響

「サボテンは話しかけると良く育つ」と言われる理由としてこれらの点を挙げることができます。
しかしながら、本当にサボテンがあなたの話を聞いて大きく育つこともあるかもしれませんよ。
どんな理由があるにしても、大切にしているサボテンに話しかけるのは楽しいですよね。話しかけながら育てたサボテンが大きく育ったり花を咲かせたりするともっと嬉しくなるでしょう。是非これからも話しかけながら大切にサボテンを育ててあげてください。


他では買えない一点もののサボテンを販売