サボテンにカビが生えたらどうすればいい? ~カビ対策の豆知識~

サボテンサボテンは「こまめにお手入れをしなくても大丈夫」という印象があるかもしれませんが、手入れを怠れば病気になってしまうこともあります。
とくに多いのが「カビ」が原因で発生してしまう病気です。
サボテンの健康を守るためにも、カビが発生した場合は早めに対処してなければなりません。
この記事では、カビ取りやカビ対策・カビの取り方について説明します。
サボテンを育てている人はぜひチェックしてください。

1. サボテンに生えたカビは病気の原因となる

世話が簡単と言われているサボテンですが、環境が悪ければ病気にかかってしまうこともあります。
土壌伝染病や立ち枯れ病・疫病・灰色カビ病・炭そ病がサボテンの代表的な病気として挙げられますが、それらの病気は“カビ”が原因で発生してしまうのです。
炭そ病はルナタムやグロエオスポリウムといったカビが、灰色カビ病にはシネレアやボトリチスといった種類のカビが影響しています。
カビが発生することでどんどんサボテンが傷んでしまうので注意が必要です。

2. サボテンにカビができてしまう原因とは?

カビが生えやすい環境で育てている

サボテンの状態によって、どのようなカビが生えるのか、どのような病気になってしまうのかは変わってきます。
カビの原因は、主に“環境”による影響です。
例えば、灰色カビ病でどんどん繁殖してしまう菌たちは「湿度が高い部屋」でどんどん増える傾向がみられます。
湿度が高くなってしまうと菌がつきやすくなるので注意しておかなければなりません。
環境がカビを生えやすくしているということを知っておいてください。

サボテンについた害虫の排泄物からカビが発生

カイガラムシという害虫がサボテンにつき、その排泄物を栄養源としてカビが発生してしまうことがあります。
このカビは『すす病』という病気の原因となるものです。
すす病とは、サボテンのとげの根元に黒いすすのようにカビがつき次第に広がってしまう病気で、美観が悪くなるだけでなく、光合成が妨げられ生育が悪くなってしまいます。

2. サボテンのカビはどう対処すればいいの?

植物用のカビ取り剤を使用し歯ブラシなどで取り除く

ホームセンターで発売されているカビ取り剤を利用することもひとつの方法です。
観葉植物に使うことができるカビ取り剤を利用してください。
専用のカビ取り剤をサボテンに塗っていき、歯ブラシなどで軽くこすっていきましょう。
これである程度のカビを排除することができます。
しかし、完璧に取れるかどうかはカビの進行具合によって違うため、効果があまりみられないこともあります。

サボテンが傷んでしまった場合はその部分をカット

カビの発生によってサボテンが病気になってしまった場合は、傷んだ部分の切り取りが必要になることもあります。
傷んだ部分をはさみやナイフなどを使ってカットしましょう。
傷んだ部分から菌が広がってしまうので、傷んだ部分は全て切り取るようにしてください。
全て切り取った後は屋外の日陰・風通しの良い場所で切り口を十分に乾燥させる必要があります。

新しい土に入れ替えることも大切

一度カビが生えてしまった場合、それまで使用していた鉢植えや土をすべて新しくすることもとても大切なことです。
カビ取りはサボテンのカビを取り除けばいいというわけではありません。
土の中にも菌が残っているおそれがあるので、土の中にある菌すべてもしっかり排除しなければならないのです。
よって、新しいサボテン用の乾いた土に入れ替え、鉢植えも新しくしてみましょう。
怠ってしまうとせっかくサボテンからカビを取り除いたのに、土から再び菌が入りまたサボテンが病気になってしまう恐れがあります。

3.サボテンのカビ対策をご紹介!

風通しの良いところに置いておく

サボテンのカビを防ぐために日ごろから「置き場所」を気をつけておくと良いでしょう。
とくに、灰色カビ病においては湿度が高い環境のなかで繁殖しやすい菌となっているので風通しの良いところに置くことをオススメします。あまり風が通らないところは要注意です。
湿度が高いところに置くとしても定期的にサボテンを風通しの良いところに移動させると良いでしょう。
置き場所によってはカビが発生しやすくなる環境にしてしまうことがあるので注意してください。サボテンが健康に育つためには新鮮な空気が必要です。

定期的にサボテンの植え替えをする

土を通って菌がサボテンに入ってしまうこともあります。
それからカビが発生してしまうケースも増えているのです。
よって、サボテンのカビ対策には定期的に「植え替え」をした方が良いでしょう。
もしかしたら購入したときからずっと同じ土壌を使ってはいませんか?
定期的に植え替えをしていった方が菌を防ぐことができるのでオススメです。
サボテンの種類にもよりますが、1年に1〜2回を目安に植え替えをすると良いでしょう。

薬剤を使ってサボテンの消毒をする

ホームセンターや園芸店などに、サボテン・観葉植物専用の薬剤が販売されています。
薬剤を使ってカビの原因となる菌がつかないように予防することもカビ対策の方法として有効です。
土の植え替えをするときにサボテンの根元につけておけばカビを防ぐことができるでしょ
しかし、薬剤の付け過ぎは植物自体を傷めてしまいますので要注意です。
必ず正しい方法で使っていきましょう。

4.サボテンのカビを取るときの注意点

カットに使うはさみは必ず消毒をする

サボテンの傷んだ部分を切り取る時、カットに使うはさみやナイフは必ずキレイなものを使用してください。はさみが汚いとそこに菌が付着している可能性があります。
そのまま使ってしまうとサボテンに菌が移り、また新たなカビが生えてしまうかもしれません。

鉢植えの大きさに要注意

カビが生えてしまった場合に新しい鉢植えに植え替えることをオススメしましたが、そこで気をつけてほしいのが「鉢の大きさ」です。
サボテンによっていろいろな大きさのものがありますが、鉢の大きさはサボテンのひと回りが理想的とされています。
大きすぎたり小さすぎるのもサボテンの環境には悪いので気をつけてください。
また、鉢の深さにも注意しておくと良いでしょう。
深さはできるだけ浅めのタイプのものを利用しましょう。
深めの鉢よりも浅い方が水のはけが良く、サボテンが腐りにくくなります。
根っこ部分に水が溜まってしまうと湿度が高くなり、菌が繁殖してしまう恐れがあるのです。
水はけが良い鉢の浅いタイプを選ぶように注意しましょう。

湿度が高くなる夏・梅雨は注意が必要な時期

サボテンのカビ取りにとくに気をつけてほしい時期があります。
それは湿度が高くなる夏や梅雨の時期です。
この時期には取り扱いに注意しておかなければなりません。
サボテンはさまざまな種類がありますが湿気に弱いサボテンがほとんどです。
湿気からカビが生えてきてしまうケースが多く、湿気がひどくなる時期は注意が必要です。
サボテンに異変がみられないかどうか、カビ取りをした後は湿気の影響がきていないかどうか必ず定期的に確認してください。
サボテンの状態をきちんと気にしてあげることも大切なことです。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はサボテンのカビ対策・カビが発生してしまった際の対処方法についてご紹介しました。

  • 植物用のカビ取り剤を使用し歯ブラシなどで取り除く
  • 新しい土に入れ替える
  • 風通しの良いところに置いておく
  • 定期的にサボテンの植え替えをする
  • 薬剤を使ってサボテンの消毒をする

カビは一度生えてしまうと非常にやっかいですし、サボテンの病気の原因となります。
これらの点に注意して、大切なサボテンを健康に育ててくださいね。


他では買えない一点もののサボテンを販売