観葉植物が枯れた場合の対処法3選! あきらめる前に試してみて

「観葉植物を何度か買ってみたけれど、いつの間にか枯れてしまう」と悩んでいる方は多いと思います。観葉植物はなぜ枯れてしまうのでしょうか?

そこで、今回は観葉植物が枯れる主な原因と枯れた場合の対処法をご紹介します。「観葉植物が枯れたら捨ててしまう」という方も多いですが、対処の仕方によっては新しい芽が出てくる可能性もあるのです。

  1. 観葉植物が枯れる原因は?
  2. 観葉植物を枯らさないようにするには?
  3. 枯れた観葉植物を復活させる方法は?

観葉植物を上手に育てたいという方や枯れた場合の対処法が知りたいという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

1.観葉植物が枯れる原因は?

では、まず始めに観葉植物が枯れる代表的な原因をご紹介します。観葉植物は、特別なお世話がいらないものが多いです。しかし、管理の仕方が悪かったりすれば、枯れやすくなるでしょう。

1-1.乾燥

植物を育てるには、水のほかに室内に適度な湿度が必要です。サボテンなど乾燥した地域が原産の植物なら湿度が低くても大丈夫ですが、熱帯気候の地域が原産の植物は湿度が低いと枯れやすいでしょう。

1-2.葉やけ

植物を育てるには、日光が欠かせません。しかし、直射日光を当てすぎると葉やけを起こす可能性もあります。葉やけは人間が日焼けするようなもので、放置しておくと葉がまっ黒になって枯れてしまうでしょう。

1-3.日光不足

日光の当てすぎも葉やけを引き起こしますが、日光不足も植物が枯れる原因です。日光が不足すると、植物の茎が日光を求めてひょろ長く伸びます。これを放っておくと、やがて葉が黄色くなって枯れてしまうでしょう。

1-4.水切れ

長期間水をやらなければ、植物は枯れてしまいます。サボテンなどは「水をほとんど必要としない」というイメージがありますが、それは間違いです。どんな植物でも必要な水が与えられなければ、枯れてしまうでしょう。出張や旅行など長期間家を留守にする場合は、要注意です。

1-5.根づまり・根腐れ

観葉植物のほとんどが、鉢に植えられています。この鉢いっぱいに根が育ってしまうと、栄養分や水を吸収できなくなるのです。また、鉢受けに水がたまっているなど湿気が多すぎると、根が腐る「根腐れ」を起こす可能性もあります。根腐れは気づきにくいので、「ある日突然植物が枯れてしまった」と思う人も多いでしょう。

1-6.カビや害虫の発生

観葉植物の場合は、土壌にカビが発生する場合もあります。また、ときどき屋外へ鉢をだしておくと、害虫がつく場合もあるでしょう。どちらも放っておくと植物が枯れてしまいます。

1-7.低温・高温

室内の温度が高すぎても低すぎても、観葉植物は枯れてしまいます。ですから真冬や真夏は温度管理に気をつけましょう。特に、冬は昼間暖かくても夜間や明け方に冷え込場合があります。

観葉植物が枯れる原因は複数あるんですね。
はい。だからこそ、植物を育てる際は、その植物の特徴や育て方を知ることが大切です。

2.観葉植物を枯らさないようにするには?

この項では、観葉植物を枯らさないための注意点をご紹介します。ちょっとしたことに気をつければ、観葉植物はぐっと枯れにくくなるのです。

2-1.育て方を調べてから、観葉植物を買う

観葉植物は、比較的育てやすいものが多いです。しかし、植物によって水をやる頻度や日光の当て方が違います。あまり手のかからないものもあれば、季節ごとに細やかな調整が必要になるものもあるのです。

ですから、ライフスタイルに合わせた観葉植物選びが大切。観葉植物を買う前に、インターネットなどで育て方を調べておきましょう。留守がちな人は、多肉植物やサボテンなど水やりの間隔が長いものを選ぶとよいですね。

2-2.毎日葉や土の状態を確かめる

観葉植物のお世話は、水やりだけではありません。毎日葉や土の状態を確認しましょう。そうすれば、異常が起こった場合はすぐに対処できます。葉焼けや乾燥などで元気がなくなっても、すぐに枯れるとは限りません。対処が早いほど、助かる確率が高くなります。

2-3.空調に気をつける

冷房や暖房は、室内の空気を乾燥させます。また、床暖房は植物の根にとってよくありません。冷房や暖房をつける場合は、風が直接観葉植物に当たらないように注意しましょう。また、床暖房対策として段ボールを鉢の下に敷いたり、植木鉢を載せる台などを使ったりしてください。

2-4.定期的に植え替えをする

観葉植物は生きものですから、成長します。ですから、定期的に植え替えを行ってください。
元の鉢よりもひと回り大きな鉢に植え替えてあげると、根づまりや根腐れが起こりにくくなります。植物が成長期を迎える春先や秋が植え替えの季節。「以前に比べて大きくなったな」と思ったら、植え替えにチャレンジしてみてください。

毎日水やりをすればいいというわけではないんですね。
はい。温度や湿度、成長具合などのチェックを欠かさないようにしてください。

3.枯れた観葉植物を復活させる方法は?

では、枯れてしまった植物を復活させる方法はあるのでしょうか? この項では、その方法の一例をご紹介します。植物の一部が生きていれば、復活の可能性はあるのです。

3-1.葉を落として直射日光が当たらない場所に置いておく

葉焼けや乾燥などでダメになった葉っぱがたくさんある場合は、それを落として直射日光が当たらない場所に植物を置いておきます。根が生きていれば、若葉がでてくる可能性があるのです。

3-2.腐った根を切り離して植え替えてみる

根腐れを起こした場合は腐った部分の根を切り落とし、植え替えをすると復活する場合があります。「観葉植物が急に元気がなくなって枯れてきた」という場合は、根腐れの可能性が高いです。そっと鉢から土ごと根を抜いて、静かに土を落としてみましょう。

黒くなっている部分があったら、根腐れしている恐れがあります。根腐れしている部分が小さければ、土を変えて植え替えれば復活する可能性が高いでしょう。生命力が強い植物ほど復活する確率が高くなります。

3-3.挿し木や葉挿しをしてみる

多肉植物など生命力が強い植物の場合は、葉挿しや挿し木で新しい根を発根させることができます。挿し木はご存知の方も多いでしょう。枝を水や土に挿せば根元から発根して、新しい株になるのです。葉挿しは、多肉植物の葉を土の敷かれた平らな容器の上に枝から切り取った葉を載せて、発根させます。多肉植物の株を増やすのにも使えるので、試してみましょう。できるだけ元気のよい、緑色の葉っぱを使うのが成功させるコツです。

また、挿し木のやり方は植物によって異なります。「この観葉植物は挿し木ができるのだろうか?」と思ったら、インターネットなどで調べてからチャレンジしてください。

挿し木をしたり腐った部分を切り離したりすれば復活することもあるんですね。
はい。まだ元気な部分がある場合は、ぜひ試してみてください。

おわりに

今回は観葉植物が枯れやすい原因や対処法をご紹介しました。
まとめると

  1. 観葉植物は部屋の湿度や温度が合わないと枯れやすい。
  2. 根腐れや根づまりに注意する。
  3. 日光が不足しても、当てすぎても観葉植物は枯れる。
  4. 根が生きていれば、葉を落として直射日光の当たらないところに置いておくと復活するかもしれない。
  5. 葉や茎が生きていれば、葉挿しや挿し木をすると復活する可能性がある。

ということです。「こまめなお世話は必要ありません」という観葉植物でも、全く世話しなければ枯れてしまいます。

また、水はやりすぎも問題です。観葉植物が置かれた場所によっては、鉢の土が乾くまで時間がかかるでしょう。「毎日水をやらなければ」と思いこんでいると、かえって植物を枯らしてしまうのです。また、空調で乾燥した部屋の中に観葉植物を置いている場合は、葉にも霧吹きなどで水をかけてあげるとよいでしょう。


他では買えない一点もののサボテンを販売