風水の効果が期待できる観葉植物。その種類とは?

観葉植物は、室内のインテリアとしていろいろな施設で利用されています。
しかし、観葉植物は単にオシャレなインテリアというだけではありません。
グリーンは目に優しく、リラックス効果が期待できます。
さらに、種類や置く場所によっては風水の効果で運気もアップするのです。
そこで、今回は風水的によい効果のある観葉植物の種類や置き方についてご説明しましょう。
観葉植物の中には、名前自体が招福を願っているものもあるのです。
風水に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 風水って何?
  2. 運気アップの効果がある観葉植物の種類とは?
  3. 風水の効果が期待できる観葉植物の置き場とは?
  4. 観葉植物を上手に育てるコツ
  5. おわりに

1.風水って何?

風水とは中国発祥の環境学です。
天地に流れる気をあやつり、運気を呼びこむという考えに基づいて都や宮殿が建てられました。
日本に風水が伝わったのは奈良時代のこと。
平城京と平安京は、風水の考えに基づいて建造されたと言われています。
現在の風水は、主に家の方角や小物を置く場所をアレンジすることにより、幸運を呼びこむのです。
家の間取りは替えられませんが、小物類なら気軽にアレンジできますね。
観葉植物葉の形や成長する向きによって、風水的にいろいろな意味を持つのです。
ですから、正しい場所に正しい方法で飾ってあげると、運気がアップする可能性が高いでしょう。

2.運気アップの効果がある観葉植物の種類とは?

では、運気がアップする観葉植物とはどのような植物なのでしょうか?
この項では、観葉植物の特徴別に風水の効果をご紹介します。

2-1.葉の形

観葉植物には、丸みをおびた葉を持つものととがった葉を持つものがあります。
丸い葉は木を落ち着かせる効果があるため、リラックス効果が期待できるでしょう。
また、幸せな状態が長く続いてほしいときや物事が落ち着いてほしい時に飾ると効果的です。
とがった葉を持つ観葉植物は、よくないものを遠ざける効果があります。
節分にヒイラギの葉を飾るのも、鋭い葉で鬼を追い払うためです。
ですから、窓の近くなどに置いておくと、魔よけの効果があるでしょう。
その反面、寝室に置いておくと気持ちが高ぶって不眠になりやすくなります。

2-2.成長する方向

上へ上へとまっすぐ伸びていく観葉植物は、「陽」の性質が強いと言われています。
ですから、何かを始めたいというときや上昇気流に乗りたいというときに効果的でしょう。
しかし、その反面勢いが強すぎて落ち着かなくなることもあります。
逆に、横や下の方へ伸びていく植物は「陰」の性質があるのです。
次から次へともめごとが起こり、何とか落ち着きたいと思っているときには効果的でしょう。
また、穏やかな日常が長く続いてほしいときに飾っても効果的です。

2-3.名前

観葉植物の中には「金のなる木」「幸せの木(カジュマル)」「幸運の竹(ミリオンバンブー)」といった、縁起を担ぐ名前のついたものもあります。
家を新築したときや結婚祝いに、幸せな前途を願って贈るとよいでしょう。

3.風水の効果が期待できる観葉植物の置き場とは?

では、風水ではどんな場所に観葉植物を置くと効果があると言われているのでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

3-1.玄関

玄関は家の顔であると同時に、ありとあらゆる運気が入ってくる場所でもあります。
ですから、常に清潔にして観葉植物の生気でよい運気を呼びこみましょう。
観葉植物も、よくお世話をしている元気のよいものを置いてあげてください。

3-2.リビング

リビングに観葉植物を置くと、家庭運がアップすると言われています。
ですから、家族の好みに合わせた観葉植物を複数置いてもよいでしょう。
特に、家具の鋭い角を隠すように置くと気持ちが穏やかになりやすいです。

3-3.寝室

寝室は眠っている間に運気を取りこめる場所です。
窓辺や空気がよどんでいる、と感じる場所に観葉植物を置くと効果的でしょう。
また、寝室は家の中で一番リラックスしたい場所。
葉っぱに丸みのある植物を置くとよいですね。

3-4.水回り

水回りは、「陰の気」が集まりやすい場所、と言われています。
ここが汚れていると運気もとどこおりがち。いつも清潔にたもって、小さな観葉植物を置きましょう。
キッチンにはハーブなどの食べられる観葉植物がお勧め。
ただし、お風呂やトイレは湿気があって日当たりの悪い場所も少なくありません。
ですから、日陰でも育ちやすい植物を選んでください。

4.観葉植物を上手に育てるコツ

せっかく植物を飾っても、枯れてしまっては風水の効果は期待できません。
最後に、観葉植物を上手に育てるコツをご紹介します。

4-1.できるだけ、日当たりのよい場所に置こう

観葉植物は室内で育てやすい植物です。
ですから、あまり日に当たらなくても成長できるものが多いでしょう。
だからといって、全く日に当てなくてもよい、というわけでもありません。
可能な限り、日に当ててあげましょう。
風水の効果を期待して観葉植物を置いた場所に日が当たらない場合は、日中は日の当たる場所に置いてあげてください。
また、葉の大きな植物は、ほこりがたまりやすいです。
モップなどで優しくふいてあげましょう。

4-2.多肉植物は完全に土が乾いてから水をあげる

日光と同じくらい植物に欠かせないのが水です。
観葉植物のお世話と言うと、水やりを思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし、毎日水をやらなくてもよい植物もあります。
その代表格が、多肉植物とサボテン。
どちらも水をやりすぎると根腐れを起こしてしまうでしょう。
ですから、これらの植物を育てる場合は、鉢の土が完全に乾いてから水をあげてください。

4-3.肥料をあげるのは春と秋

観葉植物は、春と秋に成長期を迎えるものが多いです。
暑さや寒さが厳しい季節は、休眠期と言って体を休めています。
ですから、肥料をあげるなら春か秋に行いましょう。
夏や冬に肥料をあげてもあまり効果はありません。
また、こまめにお世話をしてあげると観葉植物は大きくなります。
手のひらサイズのものが、3倍くらいになることも珍しくありません。
ですから、大きくなってきたら鉢を植え替えてあげましょう。
これも、春か秋に行ってください。
鉢を大きくすれば根も伸びますから、植物は元気いっぱい大きくなります。
植物が大きくなるということは、家の中が快適な証拠。
住んでいる人にとっても心地がよいはずです。
心地よい家に住んでいれば、運気も向上しやすいでしょう。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、風水の効果が期待できる観葉植物についてご紹介しました。
まとめると

  • 観葉植物は、置き方によって運気がアップする。
  • 玄関やリビングに観葉植物を置くとよい。
  • 観葉植物を置いたらこまめにお世話をしてあげよう。

ということです。
今は、手のひらにのるようなかわいいものから、大きなものまでいろいろなサイズの観葉植物が売られています。
お世話しやすいサイズを買いましょう。
100円ショップでも観葉植物は手に入りますが、最初のひと鉢は園芸店で買ったものの方が育てやすいです。
また、「とげのある植物は運気を遠ざける」という説もありますが、大切なのは植物をいつくしむ心。
とげのある植物も、それがお気に入りのひと鉢ならば問題ありません。
植物が育ちやすいように、部屋の中を整えてあげましょう。
また、今は精巧なフェイクグリーンもありますが、風水の効果を期待するなら、生きている植物を置いてください。


他では買えない一点もののサボテンを販売