多肉植物が伸びすぎてしまう! 徒長の原因や対策方法を解説

多肉植物は、お世話が簡単な観葉植物として人気があります。しかし、「多肉植物を育てていたら、茎ばかりひょろひょろと伸びすぎてしまった」という経験はないでしょうか? これは徒長という症状で、見た目が悪いだけでなく、多肉植物の生育環境がふさわしくない証拠でもあります。

そこで今回は、多肉植物が徒長する原因や対策を解説しましょう。

  1. 多肉植物の徒長とは?
  2. 多肉植物が徒長する原因
  3. 多肉植物の徒長対策
  4. 多肉植物の徒長を予防する方法
  5. 多肉植物の徒長に関するよくある質問

この記事を読めば、多肉植物の徒長を予防する方法もよく分かります。多肉植物の徒長に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.多肉植物の徒長とは?

多肉植物は、葉や茎がぐっとつまった状態で成長しますが、徒長すると葉や茎がひょろひょろと伸びすぎて見た目が悪くなります。本来、植物の茎が伸びたり葉が大きくなったりするのは元気な証拠ですが、多肉植物が徒長するのは生育環境が適していない証拠です。そのまま育てると植物の形が大きく崩れたり、枯れてしまったりするでしょう。

2.多肉植物が徒長する原因

多肉植物が徒長するのには、以下のような原因があります。

  • 日光不足
  • 栄養不足・栄養過多
  • 水やりが過剰ぎみ
  • 風通しが悪い
  • 寒暖差がない場所で育てている

特に、多肉植物は室内で育てることが多いので、日光不足が原因になることが多いでしょう。また、栄養過多の場合は茎や葉が全体的に大きくたくましくなり、ぐんぐん伸びていきます。

3.多肉植物の徒長対策

この項では、多肉植物が徒長してしまった場合の対策方法を紹介します。

3-1.多肉植物を仕立て直す方法:茎を切る方法

多肉植物の茎がひょろひょろと伸びてしまった場合、伸びすぎた部分を切り取って元株だけにします。切り取った茎は頭頂部分の葉だけを残し、そのほかの葉は取ってしまいましょう。切り取った茎はビンなどを利用して切り口を下にし、十分乾燥させます。残った元株も水をやらずにそのまま様子を見てください。やがて、切ち取った茎は根元から発根します。元株からも新しい芽が顔を出すでしょう。発根した茎は、別に植えて株を増やしてください。

3-2.多肉植物を仕立て直す方法:葉を切る方法

エケベリアのように主に葉が伸びる植物の場合、徒長した葉を根元から取ります。その後、取った葉を乾燥した土の上に並べて発根を待ちましょう。水はやってはいけません。発根すれば、葉の根元を土に植えることで、多肉植物を増やすことができます。

3-3.育成環境を見直す

多肉植物を仕立て直しても、育成環境が同じではまた徒長します。日光不足が疑われる場合は、日なたで育て直してみてください。また、多肉植物は葉の中に水分を蓄えます。水やりは、鉢の土が完全に乾いたらあげるようにしましょう。水が多すぎると、徒長します。また、植物を育てている容器の底に穴が開いていないと、水がたまって徒長の原因にもなるでしょう。多肉植物は、インテリアを兼ねてオシャレな容器で育てられることも多く見られますが、可能ならば植木鉢で育ててください。

3-4.思いきって戸外で育ててみる

多肉植物は屋内で育てるものというイメージがありますが、屋内だと日照不足になりがちで、寒暖差もあまりありません。何度仕立て直しても徒長する場合、思いきって植木鉢を戸外に出してみましょう。日中は戸外へ、夜間は屋内へ戻せば日光も風通しも良い環境になる可能性があります。事情があってどうしても外に出せない場合は、風通しがよく日光が当たりやすい窓辺に鉢を移し、可能な限り窓を開けて外気に触れさせながら育ててみてください。

4.多肉植物の徒長を予防する方法

多肉植物は、それぞれ適した育成環境が異なります。多肉植物を育てる場合、まずその植物に適した環境を調べましょう。多肉植物は「屋内で育てられてお世話も簡単」ですが、全く世話をしなくてもよいというわけではありません。また、多肉植物は本来、砂漠のような厳しい自然環境の中で育ってきたものです。ですから、毎日こまめに水をやるより風通しと日光に気を配りましょう。さらに、毎日観察して元気に育っているか確認することが大切です。

5.多肉植物の徒長に関するよくある質問

この項では、多肉植物の徒長に関するよくある質問を紹介します。

Q.仕立て直しをせずに、多肉植物の徒長を直す方法はあるでしょうか?
A.生育環境を多肉植物に適したものに整えてください。そうすれば、それ以後出る新芽は正常に成長していくでしょう。

Q.多肉植物の葉がぼさぼさと増えてしまった場合は、刈りこまないとダメですか?
A.はい。ほかの植物のように美しく外見を整えるには、ある程度刈りこみは必要になります。

Q.多肉植物を寄せ植えした鉢の場合、どの植物に適した環境下に置けばいいでしょうか?
A.植物ごとに適した環境が異なるとはいえ、180度好む環境が異なる植物はありません。日光と風通しにまずは気を配ってあげましょう。そうすれば、徒長する可能性はかなり低くなります。

Q.葉っぱだけが伸びるような植物は、徒長するとどうなるのでしょうか?
A.正しく育っている植物は、葉の伸び方が均一に近く、きれいな円形に育っていきます。徒長すると、頭頂部だけがにょきにょき伸びて山形になるものが多いでしょう。

Q.徒長した植物を放っておけば、必ず枯れてしまいますか?
A.多肉植物は強いのですぐに枯れることはありません。しかし、水が多すぎて徒長している場合、水が根を腐らせてしまうこともあるでしょう。そうなると、あっという間に枯れてしまうこともあります。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、多肉植物が徒長する原因や対処方法などを紹介しました。多肉植物によっては、なかなか徒長に気づきにくい種類もあるでしょう。しかし、植物の形が崩れてきたり、一部だけ異様に成長したりしてきたら徒長だと考えてください。徒長は病気ではありませんが、生育環境が好ましくない証拠でもあるので、できるだけ早く対処することが大切です。まずは日当たりのよい場所に鉢を移動し、水やりを控えてみましょう。それだけで改善することもあります。また、刈り込んだ葉っぱや茎は株分けに使えることを覚えておきましょう。


他では買えない一点もののサボテンを販売