仔吹きしたサボテンはどうするべきか? 増やして楽しむ方法も!

サボテンを育てていると、根元に「仔吹き」と呼ばれる小さな芽ができることがあります。仔吹きを剪定(せんてい)して育てれば、サボテンを増やすこともできるのです。「仔吹きが増えすぎて困っている」という人も、剪定(せんてい)して新たなサボテンとして育ててみてはいかがでしょうか? この記事では、サボテンの仔吹きについて、放置する影響や増やし方などをご紹介します。

  1. サボテンの仔吹きについて
  2. 仔吹きサボテンはどうしたらよいのか?
  3. 仔吹きしたサボテンの増やし方
  4. サボテンの仔吹きに関するよくある質問

この記事を読むことで、サボテンの仔吹きにはどのような意味があるのか、仔吹きしたサボテンを増やすコツにはどのようなものがあるのかなどが詳しく分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.サボテンの仔吹きについて

まずは、サボテンの仔吹きとはどのような状態なのか、仔吹きの意味や時期などについてご紹介しましょう。

1-1.根元から小さな芽が生えてくること

仔吹きとは、サボテンの根元から生えてくる小さな芽が出てくることをいいます。サボテンが子孫を残そうとしてこのような現象が起こるといわれており、親株から自然と生えてくる子株を切り離して植え付けることで、新たなサボテンを育てることも可能です。サボテンの種類によって、親株が大きくならないと仔吹きしないものや、仔吹きしないままのものも存在します。

1-2.仔吹きするサボテンの種類は?

サボテンにはたくさんの種類があり、仔吹きするものとしないものがあります。特に仔吹きしやすいといわれているのが「金晃丸(きんこうまる)」や「黄金丸(こがねまる)」などの種類です。そのほかにも、「銀手毬(ぎんてまり)」や「金盛丸(きんせいまる)」「短毛丸(たんげまる)」など、比較的育てやすいサボテンが多いため、仔吹きを楽しみながら栽培する人も少なくありません。

2.仔吹きサボテンはどうしたらよいのか?

仔吹きしたサボテンはどう対処すればよいのでしょうか。放置した場合の影響などもご紹介します。

2-1.増やすか、増やさないか決める

「放っておいたら仔吹きが増えすぎて見た目が悪くなってしまった」という場合は、できるだけ早く対処することが必要です。仔吹きを剪定(せんてい)して植え付けをし、新たなサボテンとして栽培を楽しむ人もたくさんいます。増やさない場合は仔吹きを切り取り、処分するのが好ましいでしょう。

2-2.放置したら親株に負担がかかる

仔吹きしたサボテンをそのまま放置すると、1つの鉢で養分を取り合うことになってしまい、十分な栄養が行き渡らなくなります。親株にとっても大きな負担になってしまうため、剪定して処分するか、植え替えをする必要があるのです。そうすることで、サボテンの花付きもよくなります。

3.仔吹きしたサボテンの増やし方

仔吹きしたサボテンを増やす方法や用意するもの・コツや注意点などをまとめました。

3-1.用意するもの

植え替えの際に用意しておくべきなのは、以下のようなものです。

  • 大きめの鉢
  • サボテン用培養土
  • 鉢底ネット
  • 鉢底石
  • ハサミ

3-2.植え替えの手順

仔吹きした子株を植え替える手順をご紹介しましょう。

  1. 子株を鉢から抜き、古い土を落とす
  2. 傷んだ根を取り除く
  3. 日陰に2~3日置き、切り口を乾燥させる
  4. 乾燥した培養土に子株を植え付ける

3-3.植え替えの時期や土の選び方に注意

仔吹きしたサボテンを増やす際は、植え替えの時期や土の選び方に注意しましょう。植え替えに最適な時期は、春または秋です。寒すぎたり暑すぎたりする時期は植え替えに失敗しやすいため、注意してください。土は、通気性や排水性がよいもの・保肥力があるもの・粒の大きさが均等なものがおすすめです。サボテンの栽培に適した土を選ぶことで、植え替えに成功しやすくなるでしょう。

4.サボテンの仔吹きに関するよくある質問

「サボテンの仔吹きについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.サボテンを仔吹きさせるにはどうすればよいですか?
A.サボテンの生長点である頭頂部を切り取り、強制的に栄養を送ることで仔吹きさせる方法があります。

Q.植え替えをした子株が変色してしまいました。考えられる原因は何でしょうか?
A.サボテンが変色する原因には、根腐れや日焼け・病気などが考えられます。

Q.サボテンの植え替えに使う際、一般的な園芸用の土を使っても問題ないでしょうか?
A.一般的な園芸用の土はサボテンの栽培に向いていません。サボテン用の培養土を使いましょう。

Q.サボテンの増やし方には、仔吹き以外にどのような方法があるのでしょうか?
A.種をまいて発芽させる「実生」や、株を切って別の鉢に植え替える「さし木」などの方法があります。

Q.サボテンを植え替えた後は、どのようなことに注意して水やりをすればよいですか?
A.植え替え後は根が1~2ミリに伸びるまで水やりをしないようにしましょう。その後、根がなじんだら水やりを開始してください。

まとめ

いかがでしたか? サボテンの仔吹きについて、放置したときの影響や仔吹きを増やす方法などを詳しくご紹介しました。「サボテンを仔吹きさせて増やしたい」という人も、「増えすぎて困っている」という人も、仔吹きしたサボテンの正しい対処法を知っておくことが大切です。ぜひこの記事を参考にして、サボテン栽培をより楽しんでください。


他では買えない一点もののサボテンを販売