サボテンが倒れる原因と対処法を解説! 適切な予防方法は?

「サボテンがヒョロヒョロと伸びてしまい、倒れてしまいそう」と悩んでいる人はいませんか? サボテンは種類によっては、背が高くなる種類もあります。ただ、伸ばしっぱなしだと倒れることも珍しくありません。

そこで今回は、サボテンが倒れる原因や修復の方法などを紹介します。

  1. サボテンが倒れる主な原因
  2. サボテンが倒れた場合の対策方法
  3. サボテンを上手に育てるコツ
  4. サボテンに関するよくある質問

この記事を読めば、サボテンを上手に育てるコツも分かるでしょう。サボテンの正しい育て方を知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.サボテンが倒れる主な原因

はじめに、サボテンが倒れる原因やそれによって起こる弊害を紹介します。

1-1.徒長で倒れる

サボテンは、日当たりがよく乾燥した環境を好みます。徒長は、主に日照不足が原因で起こる異常成長の一種です。徒長が起こると、サボテンは日光を求めて間延びしたように伸び、やがて倒れてしまうことも珍しくありません。

また、徒長が起こると病気にもかかりやすくなり、そのままにしておけばやがて枯れてしまう可能性があります。

1-2.根腐れで倒れる

サボテンは乾燥した土を好み、土が常に湿っていると根腐れを起こしやすくなります。根腐れが起きると、サボテンは根の方から腐り、やがて倒れてしまうでしょう。根は土の中にあって見えにくいので、毎日サボテンの様子をチェックすることが大切です。

1-3.傷から雑菌が入って倒れる

サボテンの幹に傷がついた場合、そこから雑菌が入ることがあります。そこから腐敗が始まり、やがて幹全体が腐って折れてしまうこともあるでしょう。サボテンの置き場所には十分気をつけてください。

2.サボテンが倒れた場合の対策方法

この項では、サボテンが倒れたときの対処法や助かるサボテンの見分け方を紹介します。

2-1.倒れたサボテンは処置が早いほど助かりやすい

徒長によって倒れたサボテンは、根で幹が支えられなくなっている可能性が高いので、処置をしてあげれば助かることが多いでしょう。

一方、根腐れを起こしたり雑菌が入ってしまったりしたサボテンは、放っておくと全体が腐敗してダメになってしまいます。一刻も早く腐敗した場所を取り除けば、残ったサボテンから発根・発芽する可能性があるでしょう。

2-2.胴切りの方法と注意点

倒れたサボテンを復活させる方法として代表的なのが、胴切りです。これは文字どおり胴を切ってその部分から発根や発芽を促す方法になります。胴切りを行うには、以下のような道具を用意しましょう。

  • 清潔な刃物:あぶって消毒したりエタノールで拭いたりしておく
  • 新聞紙
  • 軍手
  • 植木鉢など幹を支えるもの

胴切りを行う際は、ケガをしないように軍手をはめてサボテンを鉢から掘り出し、胴を適度な長さに切ります。根腐れしたり胴が腐っていたりする場合は、その部分をすべて取り除きましょう。

その後、切り口を新聞紙で覆って日陰で乾燥したところに置いておきます。根がついている場合は切り口を上に、根がない場合は切り口を下にして2週間ほど放置してください。その際、水をあげる必要はありません。発根・発芽してきたら、新しい鉢に植え替えて1週間ほどしたら水をあげましょう。

2-3.徒長の場合は植木鉢に植えたまま胴切りしてもよい

徒長の場合は、根腐れや胴が腐っていることはありません。植木鉢に植えたまま適度な長さに胴切りし、根が残った部分はそのまま新聞紙をかぶせておきましょう。胴の方はそのまま新聞紙にくるんで植木鉢に切った面を下にして立てておき、発根を待ちます。

3.サボテンを上手に育てるコツ

この項では、サボテンが倒れないように上手に育てるコツを紹介します。

3-1.サボテンは日当たりのよい場所で育てる

サボテンは、インテリア感覚で室内で育てる人も多い植物です。しかし、日当たりが悪いほど徒長が起きやすくなります。可能ならば、日当たりのよい窓辺に置いたり、日光代わりのLED電灯を置いたりして育てましょう。

3-2.水は鉢の土が乾いたらたっぷりとあげる

サボテンの水やりは、鉢の水が渇いてからたっぷりとあげましょう。中途半端に鉢の水が湿ったままだと根腐れの原因となります。

また、鉢は穴の開いた植木鉢を利用しましょう。穴の開いていない容器は中に水がたまって根腐れの原因になります。オシャレな容器でサボテンを育てたい場合は、鉢カバーを利用しましょう。

3-3.定期的に植え替えをする

サボテンは少しずつ成長します。いつまでも小さい鉢で育てていると根腐れを起こしたり、バランスが悪くなって倒れやすくなりがちです。サボテンが大きくなったなと思ったら、一回り大きな鉢に成長期である春か秋に植え替えをしましょう。植え替え後も胴切りと同じように1週間ほど水はあげません。ケガをしないように必ず軍手をはめて作業しましょう。

4.サボテンに関するよくある質問

この項では、サボテンに関する質問を紹介します。

Q.サボテンが砂で固まったものに植えられていますが、植え替えることは可能ですか?
A.はい。平たいヘラのようなもので砂と鉢の間に隙間を作って抜き取るか、鉢ごと水につけてノリを溶かせば取りだせます。

Q.サボテンの水やりは何日ごとが適当ですか?
A.日を決めるより、鉢の土の状態を確認しましょう。からからになったらたっぷり水をあげてください。

Q.サボテンの根腐れが進行していても、サボテンを助けることができるでしょうか?
A.茎が5cm以上無事ならば、発根する可能性が高いですが、断言はできません。

Q.サボテンが根腐れするとどのような症状が出ますか?
A.茎の色が黒ずみ、ぶよぶよとしてくるでしょう。その部分はもう救えません。

Q.サボテンの正常な成長と徒長は見分けがつきますか?
A.はい。つきます。徒長は明らかにヒョロヒョロで病的な伸び方です。

まとめ

今回は、サボテンが倒れる原因や倒れた場合の対処方法を紹介しました。サボテンは育てやすいイメージがある植物ですが、適切な世話をしなければ、徒長や根腐れが起きます。日当たりと水やりの頻度に気をつけ、徒長や根腐れが起こったらできるだけ早く対処しましょう。胴切りして発根・発芽させれば助かる可能性があります。


他では買えない一点もののサボテンを販売